石けんオフについて - 石けん・クレンジングの選び方 –

石けんオフについて

Ayのコスメはリップもアイシャドウも全て 石けんで落とせます 。
(
イベントでもしお子さんにメイクした時も、簡単に落とせます♪)

でも、それは「必ず石けんで落としてください」ではありません。

どういうことかと言うと

石けんは製品によって洗浄力がさまざまです。
洗浄力が高い物を使うと、皮脂が取れすぎていわゆる「肌がつっぱる」状態になったりします。

逆に、オリーブ油やコメヌカ油、シアバターなどを配合し、保湿に配慮された石けんや、
グリセリンが残る製法等を採用している石けんを使えば、必要な皮脂を残しながら汚れを落としてくれます。
少しお値段は張りますが、「クレンジングの代わり」と思って自分に合った石けんを探してみるのも良いと思います。

もし「石けんが合わない」と感じる方は無理に石けんでなくても、優しいクレンジングを使うのもおススメです。

クレンジングの選び方

 一般に、クレンジングで肌に優しいと言われるのが


・クレンジングミルク
・クレンジングクリーム
・クレンジングバーム


などです。
もちろん製品によって特長が異なるので、使ってみて肌に合うかどうかが一番大切になります。

また、「オイル洗顔は肌にキツイ」というイメージがありますが、これはオイルの種類にもよります。
石油系オイル、いわゆるミネラルオイルが主成分のオイルクレンジングであれば、汚れだけでなく
必要な皮脂もごっそり奪ってしまうので、乾燥肌の原因になりやすいです。

一方、植物オイルが主成分のオイルクレンジングであれば、適度な保湿力を保ったまま洗顔できます。
また、アルガンオイル、ナッツ油、米ぬか油など、植物オイルは肌の柔軟作用があると言われていますので、クレンジング前にオイルパックして肌を柔らかくし、その後クレンジングで洗い流せば角栓ケアにも効果が期待できます。
ただし、これは角栓の質にもよります。

角栓は「皮脂」と「角質(タンパク質)」で出来ています。
人によってその構成比は違うので、皮脂が多い方はオイルパックで効果が出やすいと言えます。
ただし、角質(タンパク質)が多い方だと、あまり効果が感じられないかもしれません。
角栓自体もオイルで柔軟化しにくい上、毛穴部分の皮膚も固くなっている可能性があるからです。
私自身、角栓がけっこう気になるタイプですが、オイルパックよりは肌に合った洗顔の方が適切に角栓が取れると感じます。

肌に合ったものを

肌質や肌の状態は本当に人それぞれ。
日本は四季もあるので、季節によっても肌の状態は随分ちがいます。
そして、肌の状態を一番左右しやすいと言っても過言ではないのが「洗顔」です。
文字通り「肌と会話 」しながら、ぜひ洗顔を楽しんでください。
洗顔で肌をクルクルする時間や、その後の状態がどうなっているか、そしてその後のスキンケアやメイク
ぜんぶ含めて「自分との対話」「パワーチャージ」にして自分時間を充実させてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP